クリーンルームの中の精密機器輸送について

クリーンルームの中の精密機器輸送について

精密部品を製造したり、医療などで活用されているクリーンルームは空気中の浮遊微小粒子、浮遊微生物が限定されて清浄度レベル以下に管理されている空間であり、基本的に外部と隔離されているのがクリーンルームの特徴です。
その為、精密部品を製造したり、医療などで活用される精密機器をクリーンルーム内に導入する場合は、細心の注意が必要です。
導入に当たり、輸送会社の選定がとても重要となってきます。
精密機器輸送に秀でた会社、そして、クリーンルームという極めて特殊な空間に輸送出来る技術がある会社に依頼する事がポイントです。
例えば、作業者が必ずクリーン服を用意して作業に当たる事はもちろんの事、運搬用の特殊設備を有しているなど、これら特殊な用具を備えているかで、極力室内に塵は埃を持ち込まない事に直結する大切なポイントとなります。
また、実績が多い会社であればあるほど、安心して任せる事が出来るので、事前のリサーチも必要です。

クリーンルームに入る前に

クリーンルームは、空気中にある小さなごみや細菌もあってはいけないという場での部屋のことです。
半導体製造の微細なごみが不良になったり、医療品製造で細菌が品質に大きな悪影響を与えるという製造現場には多く採用されます。
クリーンルームでは維持管理が重要で、ごみを持ち込まない、出さない、清掃するということがルールとしてあります。
その中で持ち込まないために、入る前には専用の防護服のようなスーツに着替えたり、エアーシャワーをしなければなりません。
そうした設備や備品があります。
そして、持ち込むものはごみの出ないものという制約があります。
どんなにすごいクリーンルームでも入る前と入ってからのルールがあります。
その中で作業をする人は全員よく理解して守らなければ維持していくことができません。
もし、製品の中に目で確認できるような虫が入っていたなどというようなことになれば、企業としては大きな信用の失墜となりますのでクリーンルーム教育は徹底します。

pickup

大阪 掛軸 買取

2018/12/19 更新